FC2ブログ

ドベルダン!ピカポロンツァです

日本で唯一のスロヴェニア料理店≪ピカポロンツァ≫から、最新ニュースとメッセージ♪
MENU
スロヴェニアのこと☆小さなネタからコラムまで

クリスマスの翌日は、何の日?

スロヴェニアではクリスマスの日、つまり12月25日は祝日です。
カレンダーを見ると、その翌日の12月26日も祝日となっています。

20181206001646915.jpg

クリスマスに遊びすぎて、次の日は仕事も勉強もしたくないから休日に。。。ということではありません。
12月26日は、独立の日。
クリスマスとは関係ない祝日です。

1990年12月26日、まだユーゴスラビアだった時代ですが、スロヴェニアで国民投票が行われました。
それは、スロヴェニアがユーゴスラビアから独立するかどうか、という国民投票でした。
結果は、95%の人が独立を支持するというものでした。

ここからスロヴェニアは独立への道を歩むことになるのですが、国民投票の意義はそれだけではありませんでした。

スロヴェニアは、昔から地方色がとても豊かな国でした。それぞれの地方で固有の文化が生まれて、互いに混じり合うことなく発展し、交流も盛んではありませんでした。皆が自分の故郷の文化が最も素晴らしいと考えていました。故郷を愛するあまりに、他の地方を認められず、互いに対立することも少なくありませんでした。

ところがこの国民投票を機に、そんなスロヴェニア人たちがお互いの小さな対立を超えて、スロヴェニア人として一つになりました。スロヴェニアという国のアイデンティティを守るために一致団結したのです。
独立への道の第一歩を踏み出したというだけでなく、スロヴェニア人が一つになった記念すべき日、ということで12月26日が国民の祝日とされているのです。

20181206001647d96.jpg

スロヴェニアのこと☆小さなネタからコラムまで

アルプスに抱かれた小さな村の風景

 スロヴェニアの友達から写真が届きました。とても素敵な写真だったので、ご紹介します。
美しくのどかなスロヴェニアの風景をお楽しみください。

スロヴェニアは、アルプスと地中海の間にある国。
アルプス側と地中海側では、同じ国とは思えないほどに、ちがう風景が広がっています。
送られてきた写真は、アルプスに抱かれた小さな村の風景。

スロヴェニア

絵本に出てきそうな風景です。

スロヴェニア

村の農家では、こんなにのどかな日常が。
牛さんたちの後ろに見えているのは、干草をかける場所。
スロヴェニアの田舎でよく見られる、伝統的なものです。

スロヴェニア

こんな風景の中で、カウベルの響きと小鳥のさえずりを聞きながら、ゆったりとした時間を過ごしたいですね。

ちなみに、写真の紳士は、ベテランガイドのBorut氏。
知る人ぞ知る癒しスポットや、片田舎にあるおいしい農家レストランなど、スロヴェニアを知り尽くしている人です。
ワインにも詳しく、ワイナリーをたくさんご存知です。
ピカポロンツァがスロヴェニアツアーをしていたときにも、いつもお世話になっていました。
今はもうツアーはしていませんが、スロヴェニア旅行に行きたい!というお客様には彼をご紹介しますよ^^

お客様の声

たかがジャム?されどジャム!

 あんずの季節と、プルーンの季節には、毎年ジャムを作ります。
スロヴェニアではとてもポピュラーなあんずのジャムとプルーンのジャム。
日本ではあまり見かけませんが、どちらも最高においしいですよ。
ジャム好きのイゴールが昔ながらのレシピをアレンジして作るピカポロンツァのあんずジャムとプルーンジャムは、そのままでもペロペロ食べられるフルーツ感あふれるジャムです。
実店舗での販売のほか、宅配便で全国のお客様へもお届けしています。

本日ご紹介するお客様の声は、東京都のY.N.さまからいただいたご感想です。
毎年、ジャムをご注文いただいております。

以下、メールでのご感想をそのまま掲載いたします。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

今年もこの季節!ということでジャムをお願いしました。
あんずのジャムとプルーンのジャムです。
友人も楽しみにしているジャムです。
しっかりあんずの味、プルーンの味がして、さらに甘すぎないところが最高です。
食パンにつけるのはもちろん!バケットにちょっとのせてかじるのが大好きです。
クラッカーもおいしいですよ。
ヨーグルトはもったいなくて・・・食べていませんが、ちょっと優雅なアフタヌーンティーにはもってこいです。

プレゼントすると、大半の方が「どこのジャム?おいしかったよ」と言ってくださいます。

昆虫が大好きな息子。「テントウムシがまたおいしいものを運んできたよ」といつも大喜びです。
かわいいテントウムシのシールを見ると、ピカポロンツァさんのお届けだとわかります。
来年もよろしくお願いいたします。

ジャム

Y.N.さま、ありがとうございました。
いつまでも、おいしさとハッピーなひとときをお届けするてんとう虫でありたいです。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

てんとう虫News

12月、クリスマス~年末年始の営業予定

12月後半からクリスマス、年末年始の営業予定をお知らせします 

☆ 恒例のクリスマス特別ディナーコースが、今年も12月21日から始まります。
そのため、12月後半から、いつもの営業スケジュールとは変わりますので、ご注意ください。

クリスマスディナーについて、詳しくは
こちらをクリックしてください

12月
★18日(火)、19日(水) ランチ休み 予約制でディナー営業(17時~ コースのみ)
★20日(木) 臨時休業
★21日(金)~24日(月・祝) 完全予約制 クリスマス特別ディナーコース 19時~
★25日(火) 臨時休業
★26日(水)~29日(土) 予約制でディナー営業(17時~ 休日コース)
★12月30日~1月6日 年末年始休業

1月
★7日(月) 定休日
★8日(火) ランチ休み ディナー通常営業
★9日(水)より ランチ、ディナーともに通常営業


通常の営業スケジュール
☆毎週月曜 定休日
☆毎週火曜は、ランチは休み
☆毎週日曜は、前日までの予約制(休日限定コース)

 ※日曜日と祝日の月曜日は完全ご予約制で休日限定コースをご用意しています
  ランチ2500円または4500円
  ディナー4500円


 夫婦二人で営む小さな(わがままな?)店です  
突然の営業予定の変更もある、かもしれません。。。
ご迷惑をおかけしないよう、特にご遠方からのお客様は、
電話でのご確認や、事前のご予約をお願いいたします!
もちろんご近所さんもご予約歓迎です^^

27017179_1053788478095447_1586966846_o_2018111623495172c.jpg

季節限定コース、クリスマス

Last Christmas ♪ 2017クリスマスの思い出

 カレンダーはもう12月!いよいよ2018年もあとわずかとなりました。
ピカポロンツァでは、今年も恒例のクリスマスディナーに向けて、少しずつ準備をすすめています。

毎年、クリスマスディナーの内容は、当日までのお楽しみ、としています。
とはいっても、どんな感じのディナーなんだろう、とは気になるところですよね。毎年ご利用くださるお客様も多いとはいえ、初めてのお客様もいらっしゃいますから。

そこで、昨年のクリスマスディナーの思い出を振り返りつつ、ピカポロンツァのあったかいクリスマスディナーの雰囲気を感じてもらいたいと思います。

2017クリスマス

2017年クリスマスディナーのテーマは「 NIHON to すろべにあ no まりあーじゅ 」 でした。
日本で唯一のスロヴェニア料理店ピカポロンツァにしかできないディナーを、ということで考えたテーマです。
具体的には、日本の食材をスロヴェニアの調理法で、そしてスロヴェニアの食材を日本の調理法で、という趣向でコースディナーをご用意しました。

2017クリスマス
まずはアミューズと食前酒。食前酒はオリジナルの酒カクテルでした

2017クリスマス
前菜盛り合わせ
パッと見た目はいつものピカポロンツァの前菜盛り合わせ、みたいですが、お味はしっかりとまりあーじゅ。
鰹節やちりめん山椒などを使った味付けにしたり、玄米粉やとうふなどの食材も使っています。

2017クリスマス
スープ
これは、皆さんびっくりされました。
名づけて ODENおばら
おでんの材料を、スロヴェニアのスープ「オバラ」の味付けでご用意しました。

2017クリスマス
メイン料理その1
NIKUJAGA ぎばにっつぁ
ぽーくのしゅとぅるくり
びーふのしゅとぅるくり
おなじみのギバニッツァと、巻き巻き料理のシュトゥルクリを日本料理風の味付けで仕上げた一皿。

2017クリスマス
メイン料理その2
HYUGA-DORI のぐりる
CHIKUZEN-NI すろべにあ風
べいくど SATOIMO
グリルドチキンには日本のブランド鶏を使い、筑前煮の材料を使ったスロヴェニア風の煮込みや、ベイクドポテトに見立てたサトイモを添えた一皿です。

2017クリスマス
メイン料理その3
MADAIのふぃろ包み焼き
りちぇっとKINCHAKU
日本の魚の代表格、鯛を使ったオーブン料理に、
スロヴェニア料理のリチェットを仕込んだ巾着、おせちでおなじみのクワイを添えた一皿です

2017クリスマス
デザートの一部です。
スロヴェニアの家庭のデザートの代表選手であるパラチンケ。
中身は、抹茶や小豆を素材に使ったフィリングでした。
このほか、オリジナルの豆乳アイスや、栗、味噌などを使ったデザートもご用意しました。

そして、食後のお茶には、抹茶入りの煎茶にレモンを添えて、スロヴェニア風の緑茶を。
という本当に楽しいディナーコースでした。

2017クリスマス

さて、2018年のクリスマスはどんな料理が出てくるでしょうか?
それは、ご来店いただいてのお楽しみ!
今年も笑顔いっぱいのクリスマスになりますように心をこめてご用意させていただきます。
皆様のご予約をお待ちしております。
完全ご予約制ですので、お早目のご予約を。。。

2018年クリスマスディナーの詳細はこちらをクリックしてください