FC2ブログ

ドベルダン!ピカポロンツァです

日本で唯一のスロヴェニア料理店≪ピカポロンツァ≫から、最新ニュースとメッセージ♪
MENU
マダムのつぶやき

大切なハガキ

先日、私宛に1枚のハガキが届きました。
差出人は、ピカポロンツァのお客様。
裏を返して見ると、なんと、私の写真!
ランチにいらした時に、撮ってくださった写真をポストカードにして、すぐに送って来られたのです。

そのお客様は、いつも笑顔でご来店くださる女性で、その日はご自分のバースデイなので、お友達と一緒にランチに来てくださったのでした。
女性のお歳を人様に申し上げるのもどうかとは存じますが、その日はお客様の91歳のバースデイ!
本当にお元気で、いつもおしゃれで、はつらつとしておられ、前回召し上がったお料理のこと、当店の営業時間のこと、などなどなど、私など恥ずかしくなるほどのご記憶の良さで、ただただ頭が下がる思いです。

その日はデジカメご持参だったので、バースデイの記念にお写真をおとりしましょうか、などと私が話しかけたところ、逆に私の写真を撮影されたのでした。
撮影された事も忘れておりましたのに、ごていねいなお言葉と共に次の日にポストカードにして送ってくださったのです。そのフットワークの軽さと、思いやりのお心遣いに、またまた頭が下がるばかりでした。
見習ってすぐにお返事を、と思いつつ、もう10日間もたってしまいましたが。。。。

その方のお話をお聞きすると、本当に元気がわいてくるのですが、一番びっくりした武勇伝は、85歳のときに自転車で東京から京都まで帰ってこられたというお話。さぞかし、お若い頃からスポーツで鍛えておられたのかと思いきや、50歳までは、何にもしなかったんですよ、とさらりとおっしゃいます。
聞けば、40代でうつ病になられて、死ぬことばかり考えておられたのだとか。50歳になる手前で治られて、人生を50歳から再出発されたとおっしゃるのです。それからは、なんにでも挑戦され、60代で海外旅行にもたくさん行かれたのだそうです。

そんなお話をお聞きしていると、体力が落ちたとか、しんどいとか、ぶつぶつ言ってる場合じゃないな、と改めて思います。私も今年で50歳になりますが、今この時期にこの方に出会えて、お話が聞けたことがとても大切な出来事に思えます。自分の写真を見るのはあまり好きではありませんが、あえてこの写真をいつも見えるところにおいて、この気持ちを忘れないようにしたいです。








マダムのつぶやき

ピカポロンツァという名のアカペラグループ

先日、ランチタイムにお越し頂いた若者6名のお客様。
満席だったにもかかわらず、「空くまで待ってます」と言って長いことお待ち頂き、
最終的には4名掛けのテーブルに6名で座って頂き、お食事して下さいました。

ありがたいな~と思っておりましたところ、
店のBGMに流れていたアカペラの曲の事で話しかけてこられて、
スロヴェニアのアカペラグループのお話しなどしておりましたら、

「実は僕達、アカペラのグループなんです。
 グループの名前が、ピカポロンツァていうんです」



マダムのつぶやき

うれしい気持

週末にパーティーのご予約を頂くという流れが、続いています。
先週は、ご結婚退職される女性の送別会をして頂きました。

(そして今夜は、ワイン&ディナーの会。
こちらは、初の試みなので、また詳しくご報告したいと思います。)

マダムのつぶやき

ウェディングパーティー

このところ、週末ごとにパーティーのご予約がありました。
先週の土曜日は、カフェタイムのお集まり。
そして、先々週はウェディングパーティーでした♪

マダムのつぶやき

日本でただ一軒ってすごいかも

今日、某テレビ番組のディレクターさんが来られました。
番組の中で、日本に一軒しかない外国料理の店を紹介しようという企画をすすめておられるのだとか。
あれこれお話しをして、
スロヴェニア料理のほかに、どんな料理屋さんがあるんですか?
とお聞きしたところ、
まだ調べ始めたばかりであまりわからないんですが、東京に集中していて、
日本に1軒しかないか、というとはっきりわからない、というところも多いです。
とのことでした。

ということは、
日本でただ一軒のスロヴェニア料理店って、かなりすごいかも!
と、改めてびっくりしました。
スロヴェニア料理の店が、どうのこうのではなく、
日本で一軒しかない外国料理の店を開く、
つまり、誰も知らない商品を販売しよう、と思い立って店を開いたという大胆さがすごい(笑)
よっぽどの馬鹿しかこんな事はしないから、ワシだけや、とイゴールもよく言ってますが・・・

番組で紹介されるかどうかは、まだ未定とのこと。
決まったらまたお知らせしますね:)

このカテゴリーに該当する記事はありません。