ドベルダン!ピカポロンツァです

日本で唯一のスロヴェニア料理店≪ピカポロンツァ≫から、最新ニュースとメッセージ♪
MENU
マダムのつぶやき

スロヴェニアの独立記念日

6月25日はスロヴェニアの独立記念日です。

旧ユーゴから独立し、スロヴェニア共和国としての新たな1歩を踏み出した日、というわけです。
でも、ユーゴに入る前は、もともとスロヴェニアだったわけで、新しい国と言えば、新しい国なんだけど、
歴史ある国といえば、歴史ある国なんですよね。

日本では、というより、世界でも、ほとんどの人が知らないような小さな国であっても、
その国には、たくさんの人が生き、いろんな物語が生まれ、長~い時間が流れているんです。

10数年前の私にとって、スロヴェニアというのは、未知の国でした。
イゴールの話の中だけに登場する世界でした。
そこを、実際に訪れたとき、こんなにも美しい場所が、こんな所にひっそりとたたずんでいたのか、
と思いました。
お話の中だけに存在した国を歩き、空気を吸い、人と話すことが、ちょっとした感動でした。
少し、世界が広がったように感じました。

それから、私は、見たことも聞いたことも無い場所に対する思いが変わりました。
私が知らなくても、そこには人々が暮らし、尊い時間が流れているのだということを知りました。

すべての人がスロヴェニアという国を知らなくても当然だし、
みんなに知ってほしいとも思っていません。
【恥ずかしいんだけど、スロヴェニアってどこにあるか知らないんです】なんて、
恥ずかしがることは、まったく無いと思います。むしろ、知らなくて当然かもしれません。

ただ、
そこにも、日本と同じ空気が流れ、
気のいい人々が、日本よりもちょっとゆっくりしたペースで暮らしている
ということを、イメージしてみてほしいな、とは、時々思います。

こんなことを考えていると、
その国の文化を体験する一番の方法の一つが、その国の料理を食べることじゃないのかな、
と、改めて思えてきました。
もっとたくさんの人に、スロヴェニアの【いい感じ】を、これからも伝えてゆきたい!
と、決意を新たにいたしました。
ちょっとイイ子すぎのコメントですが(笑)、独立記念日の、独り言でした。

該当の記事は見つかりませんでした。