ドベルダン!ピカポロンツァです

日本で唯一のスロヴェニア料理店≪ピカポロンツァ≫から、最新ニュースとメッセージ♪
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロヴェニアのこと☆小さなコトから大きな事まで

マンガに出ていたクルヴァヴィツェ

昨夜、ご来店頂いたお客様に
「スロヴェニア料理の事が以前、マンガに出ていて」
という話をお聞きしました。
リュブリャナ(スロヴェニアの首都)のことが出てくるマンガの話は
これまたお客様からお聞きしたことがあったのですが、
お料理まで?とビックリ。
興味しんしんで詳しくお聞きすると
YAWARAの作者であるマンガ家さんが、書かれている探偵の漫画で
ドイツでクルヴァヴィツェを作る、というシーンがあったとか。
しかも、ドイツではそばの実が手に入らない、なんていう深いセリフもあったそうで
本当に驚きました。
何も、スロヴェニアというのがピカポロンツァの専売特許ではないのですが、
何せ人口200万ほどの小国ですから、
スロヴェニアのことを外国の人があんまりよくご存じだとビックリしちゃいます(笑)。

いやあ、日本のマンガ家、よう勉強してるなあ!

と、イゴールも大きな声をさらに大きくして驚いていました。

先のそばの実のくだりですが、
当店のクルヴァヴィツェに、そばの実は入っていませんが
現地には、そばの実を入れるクルヴァヴィツェもあるんですよ。
そばの実をスロヴェニアでよく使うという知識、さらにクルヴァヴィツェに入れる、ということまでご存じとは!

教えてくださったお客様、ありがとうございました。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。