ドベルダン!ピカポロンツァです

日本で唯一のスロヴェニア料理店≪ピカポロンツァ≫から、最新ニュースとメッセージ♪
MENU
頑固オヤジのひとりごと

日本のお正月が・・・

明けましておめでとうございます!

お正月

お正月になると、
街中がクリスマスから一転して、和風のデザインで飾られ、
誰もかれもがおせち料理を食べる。
まるで、ここが日本であることを思い出したかのように、急に日本らしい雰囲気に包まれるのがおもしろいですね。

とはいえ、そんなお正月の風景も、
一昔前と比べると、随分変わりましたよね。

イゴールが来日したのは1978年の秋。
日本での初めてのお正月は1979年。
その当時は、お正月になるとどのお店もお休みになり、
食べるものを買うこともできず、随分戸惑ったそうです。

でも、街中が静かで神聖な空気に包まれて、
その独特の雰囲気に感動したそうです。

スロヴェニアでは、クリスマスが家族でお祝いするおごそかな時なのに対して、
新年は友達同士でパーティーをしてお祝いするにぎやかな時。

でも、日本はお正月が、家族で集まっておごそかに過ごす静かな時。
日本のお正月の静寂がすばらしいと思ったそうです。

「でも、その日本のすばらしいお正月が、少しずつ崩れて来ているなあ」と
ここ数年、お正月が来るたびにイゴールは言います。

お正月

コンビニはもとより、スーパーマーケットもデパートも、お正月から営業。
多くのお店が年末もギリギリまで営業しています。
当然、そこで働いている人たちは、普段と変わらずお仕事モードのままに、大晦日とお正月を迎えます。
「そんな慌しさが、街全体に伝わっていて、昔の静かなお正月と全然違う。」
とイゴールは言います。

私も、そうだなあ、と思います。
元旦の朝、窓を開けたときのあの静かな静かな空気は、あまり感じられなくなったような。
ちょっといつもより静かかな、くらいで。

年中無休のお店も多いしね。
お店が少し休んでいても、そんなに誰も困らないし、お正月くらい早じまいしてもいいよ、
て言ってあげたくなったりして。

普段から働き過ぎの国ですから、
お正月くらいはみんなが一度立ち止まって、静かに過ごしてもいいのにね。

いろんな事が変わって行くのは仕方がないけど、
日本のすばらしいお正月、なくなってほしくないですね。

お正月

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pikapolonca.blog48.fc2.com/tb.php/564-8a03bcab
該当の記事は見つかりませんでした。