ドベルダン!ピカポロンツァです

日本で唯一のスロヴェニア料理店≪ピカポロンツァ≫から、最新ニュースとメッセージ♪
MENU
スロヴェニアのこと☆小さなコトから大きな事まで

街をあげてのヴァージョンアップ大作戦

スロヴェニアの首都、リュブリャナは
古い街並みがうまく残され、現代の市街とマッチしている美しい都市です。

いつの時代も、古いものを残しながら開発を続けてきた街の
良いお手本だなあ、といつも感心します。

今も、リュブリャナの街では
大がかりなプロジェクトがすすめられていると
スロヴェニアの友人が教えてくれました。
写真なしでうまく伝えられるかわかりませんが、
少しご紹介したいと思います。


1.
街の真ん中を流れている川、リュブリャニッツァ川。
その川岸の一部を階段状にして、川のすぐそばに腰かけてくつろげる場所を作ろうという計画。

2.
市街地の地下に大きな駐車場を建設中。
そのために、市街地は現在大幅な通行規制が行われていますが
皆、仕方がない事として受け止めているようです。
大きな目的のために、今の小さな犠牲を喜んで払うという国民性が好きです。

3.
歴史的建造物と隣り合わせに現代風の文化施設の建設がすすめられています。
出来上がり予想図を見ても、違和感は無く、
京都の街もこんな風になってゆけばいいな、と思いました。

4.
シティサイクルというレンタル自転車。これが、一番、京都にも真似してほしいと思いました。
街が管理するレンタル自転車で、誰でも自由に使って、返却できるシステム。
プロジェクトの計画写真を見ましたが、
路上コインパーキングの料金塔みたいなパーキングに自転車が止まっていて、
何かの手続きをして(コインを入れるのかな)、自転車を借り、
使い終わったら、またパーキングに戻す、という仕組みになっているみたい。
もちろん、パーキングは市街の至る所にあって、借りた場所ではなく、別の場所に戻せるのでしょう。
実際に人が使っている写真も見せてもらったので、もう使われているのかも。
でも、このシステムは使う側の誠意というか、良識が問われるシステムですよね。
日本でこれが、ちゃんと成り立つのかな?と考えるとちょっと寂しくなっちゃいます。

などなど、
ますます素敵な街になってゆきそうで、楽しみです!
また情報が入ったらお知らせします。


該当の記事は見つかりませんでした。