FC2ブログ

ドベルダン!ピカポロンツァです

日本で唯一のスロヴェニア料理店≪ピカポロンツァ≫から、最新ニュースとメッセージ♪
MENU
メニュー

お子様連れのお客さまへ

『子供連れでも大丈夫ですか?』
メールや電話で、よくお問い合わせがありますが、
お子様連れでもどうぞご安心してお越しください。

スロヴェニアの料理は、やさしい味付けのものが主体で、
強い辛味や、刺激のある独特の香りなどは、基本的にはありません。
さらに当店は自家栽培野菜を使うなど、できる限りの手作りで料理を出しているので、子供さんにも安心です。

『ハーブを使った料理など、子供には無理では?』
来店前は心配される親御さんもおられますが、
当の子供さんたちは、パクパクと気持ちよく召し上がりますよ。
『ふだんより、よく食べたわ!』
といったお声もよくいただきます。

特に子供さんに人気があるのは、季節のスープと自家製パンですね。
スープはお野菜たっぷりの具沢山スープ。
自家製パンはライ麦や全粒紛などを使った茶色いパンです。
『こんなパンは食べさせたことがないから・・・』
という親御さんも驚かれるほど、子供さんはナチュラルなパンが大好きです。

『子供用のメニューはあるの?』
お子様ランチ的なプレートはあえてご用意していません。
その都度、ご相談しながら子供さんの料理を準備させてもらいます。
子供さんの年齢、その日の体調、シチュエーションなどによって、召し上がり方は変わりますからね。

まだ食べる量の少ない子供さんなら、
親御さんが多めに注文されて、分けっこされてはいかがでしょうか。

『だけど、自分の分も注文してほしい!』
というお年頃には、【ちびっこセット 700円】をプラスされるのがおすすめです。
子供さん用のスープ&パンに、ジュースまたはアイスクリームをセットにしたものです。
スープ&パンでお腹と気持ちを落ち着けて、メインは大人の方と取り分けて、最後はデザート、という感じですね。

お祝いやお食事会など、みんなでコース料理を、というシチュエーションには、
お子様用のコースも準備させていただきます。
どうぞお気軽にご相談ください!

アレルギーなどにも、できるだけ対応させてもらいますので、どうぞご来店前にお知らせください。

ピカちゃんおやこ

季節限定コース、クリスマス

季節限定の特別コース

8月の季節限定コース『夏野菜いっぱいコース』は、ご好評のうちに終了いたしました。
たくさんのご来店をいただき、誠にありがとうございました。

次回の季節限コースは、まだ未定です。
さらに皆様に喜んでいただけるコースを、今後も企画していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 ▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

ピカポロンツァでは、クリスマスや新年、そして自家野菜が最盛期を迎える時期などに、季節限定の特別コースをご用意いたします。
特別コースは完全予約制となります。
SNSやブログ、メールマガジンなどで告知しますので、よろしくお願いいたします。

 ▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

ピカポロンツァのSNS
Instagram @pikapolonca_jp
Facebook @pikapolonca.jp
Twitter @pikapolonca_jp

ブログトップへは こちらから
メールマガジンの配信お申込は コチラから


野菜づくり ~美山の畑から~

今年のナス物語

今年は美山の畑で育てているナスビが、とってもたくさん採れました。

畑のナスビ

そして、まだピカピカの大きなナスビを枝いっぱいにつけてくれています。

大きなナスビ

ビックリするほどの大きさ!しかもカットすると、実がつまってきめ細かでしっとり。

収穫したナスビ

一度の収穫でこんなに採れて、うれしい悲鳴です。
元気に育ってくれたかわいいナスビ達は、愛情込めていろんな料理にしていきます。

ナスのギバニッツァ

まずは、ギバニッツァ!
厚く切ってオリーブ油でこんがりソテーしたナスビをたっぷりと、本当にたっぷりと使っています。カッテージチーズと合わせて段々重ねでオーブン焼き。とろけるような食感のナスのギバニッツァです。

焼きナスのディップ

そして、すっかり夏の定番メニューになった、焼きナスのディップ。
皮のままオーブンで焼いたナスの中身を練りゴマなどと合わせてディップにしています。ピカポロンツァのパンと相性抜群で、いくらでも食べられてしまう一品。ワイン🍷のおつまみにもぴったりです。

ナスと夏野菜のサラダ

お次は、ボールに入ったショットで登場の、ナスと夏野菜のサラダ。
焼いたナスの皮をむいて、刻んで、ナスの姿はしておりませんがナスが主役のサラダです。トマトやパプリカなカラフルな夏野菜と合わせて夏ならではのサラダに仕上げました。

それぞれの料理で、いろんな表情を見せてくれたナスビさん達。
今年もおいしい思い出をたくさんありがとう😊

季節限定コース、クリスマス

今年も、8月は野菜が主役!

▼▽▼▽ INFORMATION ▼▽▼▽
8月の1ヶ月間に限り、
レストランの営業は、土日のみ。予約制で下記の期間限定コース

(アラカルトなど通常メニューはありません)

月~金は、
美山の畑で野菜作り&採れたて野菜の下ごしらえのため、レストランを休ませていただきます


8月限定の、夏野菜いっぱいコースは
自家栽培オーガニック野菜をふんだんに使ったコースです。
ベジタリアンコースではなく、肉や野菜、乳製品や卵も使いますが、主役はあくまでもお野菜です。
お野菜大好き!な方はもちろん、野菜ぎらいの方でも満足していただける新鮮で愛情いっぱいのお野菜料理をご用意します。期間限定ですので、ぜひ、ぜひ、お見逃しなく食べにいらしてください。
8月のコースは完全予約制ですので、どうぞご予約をお忘れなく~

 お野菜いっぱいコース初心者の方へ 
そもそも何故8月がお野菜コースなのか、ということをこのページの最後で説明させていただきます。
続きを読む、をクリックしてどうぞ最後までごらんください。

2019☆8月限定 夏野菜いっぱいコース
☆ ランチタイム 12時 または 13時 または 14時 お食事スタート
   コース A ,B ,C からご希望のコースをお選びください

★ ディナータイム 18時 または 19時 お食事スタート
   コース B ,C からご希望のコースをお選びください


コース A 2700円
野菜たっぷりの前菜プレート
野菜のスープ(または小さな一品)
野菜もりもりのメインディッシュ(お肉系またはお魚系が選べます)
デザート
スロヴェニアのお茶
自家製パン付
*このコースは、メインの肉または魚を予約時にお選びください


コース B 4500円
野菜たっぷりの前菜プレート
野菜のスープ(または小さな一品)
野菜もりもりのメインディッシュ2皿 (お肉系またはお魚系が選べます)
デザート
スロヴェニアのお茶
自家製パン付
*このコースは、メインの肉または魚を予約時にお選びください


コース C 6000円
野菜たっぷりの前菜プレート
野菜のスープ
野菜もりもりのメインディッシュ3皿 (お肉系とお魚系バランスよく3皿が出ます)
デザート
スロヴェニアのお茶
自家製パン付


?? よくあるご質問 ??
メインが2品、3品となると、食べきれるか心配・・・というお声をよくいただきます。
メインが2、3品になるコースは、メイン一つずつの量はおさえて、内容をリッチにアレンジします。
いろいろなものを少しずつ食べてもらえるコースです。

8月限定のお野菜いっぱいコースは、毎年大、大、大好評です。
詳しい料理内容は、おまかせとなります。
その時々のお野菜と相談しながらメニューを考えます。
ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ~

ご予約お待ちしております!
 → 予約フォーム


当日の料理はおまかせになりますが、ご参考までに、昨年までのお野菜もりもりメニューたちの写真をご紹介します。
さて、今年はどんなプレートになるでしょうか。お楽しみに!

魚のマリネ

魚とトマト

夏の野菜ギバニッツァ

カボチャとペチェンカ

21298864_982707645203531_1131320417_o.jpg

21329579_982234631917499_699469830_o.jpg

2017-08 yasai3

スロヴェニアのこと☆小さなネタからコラムまで

スロヴェニアで定番の、きゅうりサラダです

スロヴェニアのきゅうりサラダ。
きゅうりに、玉ねぎとじゃがいもを合わせます。

きゅうりのサラダ

スロヴェニアで主流のきゅうりは、クマラと呼ばれる太くて大きなきゅうりです。
日本のスーパーでも、加賀太きゅうり、という名前で時々見かけます。

太きゅうり

クマラは、皮をむいて、厚めの輪切りにします。
輪切りにしてから塩をふって軽く水をしぼると、プルンプルンした独特の食感になって、みずみずしさが際立ちます。

これに薄切りにした生玉ねぎと、ゆでたジャガイモを合わせてサラダにするのが定番の調理法。
主役のきゅうりのプルンプルン感と、アクセントになる玉ねぎのシャキシャキ感を、ジャガイモのほっくり感が見事に、大らかに、まとめてくれます。

味付けはシンプルに。
塩、ガーリック、好みのオイル、好みのビネガー。
キッチンにハーブがあれば、最後にお好きなハーブをパラパラと散らす。
ざっくり混ぜれば、出来上がりです。
写真のサラダでは、ディルを使っています。

食べやすくて、お腹も落ち着く、ほどよいボリュームサラダ。
きゅうりがどっさり採れる盛夏にぴったりの一品です。
こういう料理を食べると、
やっぱり伝統食ってすごいなあ~と、感動せずにはいられません。