FC2ブログ

ドベルダン!ピカポロンツァです

日本で唯一のスロヴェニア料理店≪ピカポロンツァ≫から、最新ニュースとメッセージ♪
MENU
てんとう虫News

4月の営業予定

 4月の営業予定です 

京都府からの要請により、時短営業しています
4月11日まで   21時閉店(酒類の提供は20時半まで)
4月12日~5月5日 20時閉店(酒類の提供は19時まで)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
コロナ対策として、
当面、ディナーは予約制としています。
日曜日は従来通り昼夜ともに予約制です。

急な変更や臨時休業などは反映されていませんのでご了承ください。
電話でもお気軽にお問合せください ≫ ≫ ≫ 075-871-0146
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


4月
4/11まで:21時閉店
4/12~5/5:20時閉店
*ディナーは予約制
*日曜日は従来通り昼夜ともに予約制

☆ 1日(木) ランチ 13:00L.O. ディナー休
☆ 2日(金) ランチ 13:00L.O. ディナー休
☆ 3日(土) ランチ 13:00L.O. ディナー休
△ 4日(日) 予約制でコースのみ
★ 5日(月)、6日(火) 定休日
★ 7日(水) 臨時休業
△11日(日) 予約制でコースのみ
★12日(月)、13日(火) 定休日
△18日(日) 予約制でコースのみ
★19日(月)、20日(火) 定休日
△25日(日) 予約制でコースのみ
★26日(月)、27日(火) 定休日
※ゴールデンウイークのスケジュールは未定です

++++++++++++++

コロナ対策について、ご了承とご協力をお願いします

*通常営業時の平日ディナータイムを予約制とさせていただきます。
*カフェの営業を休んでいます。

*換気のため30分毎に5~10分間、窓を開けます。
*店内でのマスク着用をお願いします。マスク無しでのご来店はお断りします。
*着席時も会話の際はマスクを着用してください。
*発熱や体調不良がある場合、または身近な方の感染が疑われるお客様のご来店をお断りします。

*感染拡大などの状況に応じて店内での飲食を休止
する可能性があります。

店内には、手指の消毒用アルコール、飛沫感染予防のためのパーテーションを設置しています
+++++++++++++++







通常の営業スケジュール

■ランチ 12:00~15:00 ディナー 18:00~22:00
■毎週月曜・火曜 定休日
■毎週日曜は、前日までの予約制(休日限定コース)

※日曜日と祝日の月曜日は完全ご予約制で休日限定コースをご用意しています
 ランチ2700円より  ディナー4600円より



 夫婦二人で営む小さな(わがままな?)店です 
突然の営業予定の変更もある、かもしれません。。。
特に今の季節は畑での野菜作りのために臨時休業する場合もございます。
ご迷惑をおかけしないよう、特にご遠方からのお客様は、
電話でのご確認や、事前のご予約をお願いいたします!
もちろんご近所さんもご予約歓迎です^^

ご予約はこちらからどうぞ

ご予約は電話でも承ります
075-871-0146

 IMG_9450.jpg

てんとう虫News

3/31~4/3 営業内容が変わります

3/31(水)~ 4/3(土)の4日間、営業スケジュールが変わります。

ランチ :13時 ラストオーダー
ディナー:休み

ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

3/31~4/5
阪急百貨店うめだ本店 第10回阪急パンフェアにて、
当店のそばのパンを販売しています!
こちらもよろしくお願いします!
詳しくは阪急パンフェアの特設WEBサイトをご覧ください
→ 特設WEBサイトはコチラです




てんとう虫News

パンフェアでそばのパンを販売します!@阪急うめだ本店

3月31日~4月5日、大阪の梅田にある百貨店「阪急うめだ本店」9回催場で
「第10回阪急パンフェア」が催されます。
広い会場にたくさ~んのパンが勢ぞろいする大人気のイベントですが、そこで
ピカポロンツァのそばのパンが販売されます!

今回出品するのは「そばの食パン」です。そば粉を10%使用しており、当店のそばのパンの中では軽めのパンです。

そばの食パンが並ぶコーナーは、粉にこだわった食パンを一堂に集めた「パンセレクトマルシェ」【パン職人と”粉”のものがたり】と銘打って各地から集まった個性的な食パンが販売されるコーナーです。

HankyuSobashokupan.jpg

私たちは在店いたしませんが、赤い帯をつけておめかししたピカポロンツァのパンが売り場でお待ちしておりますので、ぜひぜひ、ご利用くださいませ!

曜日によって、営業時間も変わるようですので、詳しくは特設WEBサイトをご覧のうえ、お出かけくださいね。

特設サイトはコチラです↓
パン職人と”粉”のものがたり・第10回パンフェア

雑誌・新聞・テレビ・ラジオでのご紹介

京都外大オフィシャルブログでのご紹介

ピカポロンツァの近くにある京都外国語大学さんのオフィシャルブログで、店の紹介をしていただきました。

レポーターとして取材してくださったのは、グローバル観光学科の生徒さん。
グローバル観光学科のブログページにて、ピカポロンツァのお店のこと、メニューのことなどについて書いてくださっています。

時節柄、オンラインでお話させてもらったのですが、事前に当店WEBサイトをしっかり見て予習してくださっていたので、私たちもいろいろと詳しいお話をさせてもらうことができましたよ。
取材と投稿、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

ブログは一般に公開されていますので、ぜひご覧になってください!
グローバル観光学科ブログ

頑固オヤジのひとりごと by 代弁者マダム

ラジオが生んだ奇跡

イゴールがスロヴェニアのラジオに出演しましたよ、と前の記事でお話ししましたが、
その後日談です。

インタビューの最後に大好きなスロヴェニア人アーチストの曲をリクエストして…
というところから詳しく話したいと思います。

大好きなスロヴェニア人アーチストというのは、
VLAD KRESLIN (ヴラド・クレスリン)というお名前の男性ミュージシャンです。
年齢はイゴールより少しお若いくらいかな?
ピカポロンツァでもしょっちゅう曲を流しているので、当店のお客様なら曲を耳にされたことがあると思います。

最初の出会いは pikapolonica (ピカポロンツァ)というタイトルの一枚のCDでした。
店の開店当初にスロヴェニアの義姉から送ってもらい、ピカポロンツァという運命的なタイトルに感激し、音楽を聴いて大ファンになりました。

彼の音楽はポップスでありながら、昔のスロヴェニア音楽を素敵に継承して、うまく融合させているんです。スロヴェニアでは老若男女問わず支持されている大スターです。
日本人の私が聞いてもぐっと心にしみるメロディと歌声なのですが、イゴールによると歌詞がまた素晴らしいのだそうです。故郷や若いころの想い出を歌ったものも多く、母国を離れているイゴールにはひときわ響くものがあるようです。
ここだけの話ですが、彼の曲を聴きながらウルウルしちゃうことも珍しくないんですよ。

そんなわけで、ラジオでは迷わずクレスリンさんの曲をリクエストしたのですが、彼の曲なら何でもいいよ!ていうテンションだったみたいです笑
そんなイゴールにラジオの人が「クレスリンに何かメッセージはないの?もしかしたら聞いているかもしれないわよ」と促し、イゴールはクレスリンさんへの熱い想いを語ったというわけです。

「いつも日本であなたの曲を聴いています。あなたの曲はとても私の心に響いて、勇気づけられ、励まされています。店でも曲をかけているし。あなたの音楽でたくさんのいい時間を過ごさせてもらいました。本当にありがとう!」というようなことをスロヴェニア語で語ったようです。

インタビューの後、すっかり関西弁(っぽいイゴール語)にもどって
「しかし、ホンマに聞いてくれたらどうする?いやあ、えらいこっちゃやな!いやあ、笑けるで~」
なんて言っていた彼でしたが、この後にホンマに奇跡がおこりました~!!

ラジオの公開から数日たったある夜ふけ、
イゴールが少年のように興奮して言いにきました。
「クレシュリンからメールが来たっ!!」

スロヴェニアの大スター、クレシュリンさんが、イゴールのラジオでのメッセージを聞いてメールを送ってくれたのです!!!!!

実はイゴールの姪がスロヴェニアでコラムニストをしているのですが(結構、有名な人なんです)、彼女がクレシュリンと知り合いで(これも驚きの事実でしたが)「私のおじさんが日本にいるんだけど、あなたの大ファンでこの前もラジオで熱い想いを語ってたわよ」的なことを言ってくれたらしいのです。そしてクレシュリンさんがネットでそのラジオを聞いてくれて、姪にイゴールのアドレスを教えてもらい、直々にメールを送ってくださったというわけでございます。

ファンを大切にする方だとは聞いていましたが、本当に遠い日本にいるファンにも話しかけてくれるなんて感激しました。

メールには日本で自分の曲を聞いてくれてありがとう、というお礼の言葉が書かれていました。そして、ご自身の楽曲の音源も添付してくれていました!曲はあのピカポロンツァというアルバムに入っていたタイトル曲「ピカポロンツァ」でした。

彼の曲はアマゾンでも販売されていて、高い評価を得ています。
そして彼の詩を集めた本は英訳されてアメリカでも販売されているんですよ。

彼のホームページでも曲を聴くことができます。
ホームページは英語にも訳されているのでぜひアクセスして彼の曲を聴いてみてください!
ブラド・クレスリンさんのホームページはコチラです

IMG_3983.jpg